はじめてのコーヒー生豆ハンドピック

コーヒーの生豆を洗ってから焙煎するか、そのまま焙煎か、という議論があり、「洗いたいなぁ」と漠然と思っていた。洗わないまでも、生の豆の状態でちゃんと選びたい。

ということで、いまもしかして趣味を増やすチャンス?と思い、初めて生豆を買った。
もちろん道具は何もない状態だったので、手網を買い、豆を洗うざるはあるものを使用、焙煎後に冷ますための網も世間には売られているらしいんだけど、トレイにアルミホイルを敷いて使用。

ハンドピックは生の状態で一度、焙煎後にもう一度。この中間、洗った後にするのも識別しやすいみたい。カビが入った豆の色が際立つそうです。

写真は1回目のハンドピックで除けた虫食い豆。虫食いって、ほんとに豆を貫通するんだね。なんだかかわいい。。。
このあと色で選別し、焙煎後に未成熟豆と思しいものを除外。

santosno2.jpg

洗い方は、今回はふつうの温度の水で豆同士をこすり合わせて洗って薄皮(チャフっていうらしい)を取り除き、最後に50度洗いをした。思うに、50度洗いするとたしかに薄皮はさらにとれるし、さっきまでのごっしごっしは何だったんだっていう水の色になるけど、同時に甘い香りが出てきたので、このプロセス不要だったのではないかと。。。甘さが出ちゃったんじゃないかと。

そのあと中浅煎りにしたからかもしれないけど、すっきりおいしいコーヒーではあるんだけど、酸味が出た(焙煎2日後に試飲)。まず変えるべきなのは洗いの回数か水温か、焙煎をもっとするのか(大々的に発煙するのを避けたかったので中浅煎りにした。自宅でやるかぎり深煎りは悩めるけど、売られている50度洗いの焙煎豆は深煎りだねぇ)。が、小さい未成熟豆をよけきれてなくて味のバランスが崩れている気もする。

生豆でごっしごっし洗ってもチャフはたくさん出て、粉々になって下に落ちるし(これは認識あった)、焙煎中に豆の形で浮き上がってきたりする(これは驚きだった、抜け殻的に分離してくるのがおもしろい)ので、焙煎の具合はときどき手網を開けて確かめる必要がある。やってみるといろいろわかる。

焙煎後落ち着くまで1週間ほど待って飲むものらしい。もう一度飲んでみてから、次回はA)水洗いごっしごっし→焙煎 にするか、B)短く50度洗い一回 にするかを考える。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント